日本の歴史 縄文時代。縄文人の生活、衣食住、暮らし・食べ物、遺跡、天皇、弥生時代との違い

日本の歴史を習う上で一番最初の時代である縄文時代。しかし、その全貌はまだわからず非常に謎が深い時代でもあります。そんな縄文時代ですが、日本人は一体どんな暮らしを送っていたのでしょうか?ここではそんな日本の歴史のあけぼのである縄文時代の縄文人の生活、衣食住、暮らし・食べ物、さらに遺跡や天皇、弥生時代との違いについて見ていきたいと思います。

日本人のルーツ。日本人の祖先は、どこから来たのか?

1980年代までは、日本人の祖先は旧石器時代以前からもともと日本列島におり、原人から新人を経て縄文人になったという説が主流でした。しかし、現在この説は説得力を失いつつあります。なぜなら、近年のDNAの解析技術が進化したことで、世界中の遺跡から出た人骨などの分析が深く進んだ結果、全人類の起源となる生き物はアフリカから発生し、その子孫が世界中に分散して個別に進化していったことが分かったからです。しかし、最古の日本人がいつごろ現在の日本列島に当たる場所に起こったのかは、まだはっきりと分かってはいません。ただ、多くのヒントが残されているので、そこから大体の予測を立てることはできます。最近まで、日本列島とユーラシア大陸は約500万年前まで陸続きだったと考えられてきました。そのあと、数十万年のスパンで、地球の平均気温が暑くなったり、寒くなったりを繰り返し、そのたびに海面が上下しました。その都度、日本列島と大陸は何度かくっついたり、離れたりを繰り返したと推測されていたのです。